アトピーには保湿

アトピー性皮膚炎には保湿することがとても大事だと最近になって頻繁に言われるようになって来ました。肌のバリア機能としての保湿と、肌の水分量を保つための保湿の二つの保湿を分けて心掛けて行う必要があります。

アトピー性皮膚炎の状態の肌は肌表面の角質に無数のすき間ができている状態です。刺激物が入りやすい状態であり、炎症をすぐに起こしやすくなっています。そのとき肌表面を覆う外部の刺激から守るための膜を張るような保湿をする必要があります。そのときクリームやオイル系の保湿剤を積極的に使用するようにしましょう。

そして、肌の水分量を保つための保湿です。アトピー性皮膚炎の人たちは、保水成分セラミド(肌細胞の隙間をくまなく埋めている物質)が角質から不足しているケースが多いです。アトピー性皮膚炎の人たちは、水分を保つことができないから、水分を敢えてしっかり送り込んであげる必要があります。ですので、まず水分を吸収しやすい肌状態にしてあげることも大事です。保湿剤をつける前に肌の吸水性をアップするスキンケア用品をつけるとより保湿効果が高まり、潤いを維持できるようになるでしょう。

参照ページ|【公式】アトピーの娘を持つ母親が原料開発!保湿ケア化粧品【みんなの肌潤糖~アトケアタイプ~】

そして、美容成分まで加わった高級化粧水を使用している人たちもいらっしゃるようですが、肌にあまり刺激にならないものを注意して使用するようにしてください。強い乾燥肌という場合、ワセリンやシアバターのような固形オイル、ホホバオイルのようなものを使用してみましょう。

悪循環が起こる

アトピー性皮膚炎に対して、最近医師が頻繁にいうようになったことがあります。それは保湿をしっかりしましょうということです。今まで、アトピー性皮膚炎対策として、それをやって来なかった人たちも多かったようです。アトピー性皮膚炎のために、肌の調子を整えるということもとても大事です。

アトピー性皮膚炎の場合、皮膚が炎症を起こし、強い掻痒感をともないますよね。アトピー性皮膚炎の症状は、フケのような皮膚の小片がはがれ落ちたり、紅斑(こうはん)と言って赤くはれてしまったり、 ぶつぶつがドーム状に盛り上がりを起こしたり(丘疹(きゅうしん))、掻きこわした後にかさぶたができたり、皮膚が薄くはがれ、じくじくとただれたり、皮膚が分厚くごわごわになる苔癬(たいせん)が起こったりします。

そして、皮膚の水分が少なくかさかさになり乾燥肌になってしまうのも、アトピー性皮膚炎の特徴してあげることができます。アトピー性皮膚炎の症状が進み、肌荒れが起こり、より肌を掻くようになってしまうという悪循環が起こってしまうことになります。アトピー性皮膚炎の悪循環を断ちきるためには、食生活や睡眠などの生活習慣、ストレスのコントロールも大事です。

ステロイドとは

アトピー性皮膚炎になった人たちは、ひじの裏、ひざの裏、首、手足首、など関節部分に特に症状が起こりやすい傾向があります。食品やダニ、動物や花粉、洗剤や化学薬品と言った、アレルギーが原因で、アトピーが誘発されるケースが多いです。強いかゆみが襲い、かつ乾燥した肌体質になってしまうことになります。

アトピー性皮膚炎の場合、主な治療法はステロイド剤の外用薬を使用することです。ちょっとアトピー性皮膚炎のケースでも頻繁に聞くステロイドというものを触れてみましょう。 ステロイド外用剤は、多くの人たちに、悪者扱いされてきた歴史も存在しているようですが、ほんとは局所アレルギー反応を抑えこんでくれるとても頼もしい味方です。

しかし、使い方を間違えないようにすることも大事なことです。ステロイドのことを諸刃の剣という人たちもいます。デルモベート、ダイアコートなどが最強ステロイドであり、 次はアンテベート、マイザー、 そして、リンデロンV、ボアラは強い部類に該当します。リドメックス、ロコイドは、結構ステロイドの中でも穏やかな方です。

ステロイドの働きは抗炎症作用と免疫抑制作用です。しかし、効果的であるとしても同時に副作用の問題について考えていかなければなりません。

アトピー湿疹の違い

既にアトピー性皮膚炎という言葉が当たり前に使用されるようになりました。しかし、それが何か正しく理解している人たちも意外と少ないようです。一方で当たり前に使用されている言葉で、湿疹というものがあります。湿疹も同じものなのでしょうか。それは脂漏性湿疹かもしれません。

そのような人たちはやっぱり脂漏性湿疹のための対策をしなければなりません。しかし、皮膚科に言っても、脂漏性湿疹ではないのに診断されてしまうケースもあるようですし、なかなか難しいことは難しいようです。

しかし、脂漏性湿疹の症状は全く別モノです。脂漏性湿疹の症状は、頭皮、顔、生え際、ワキの下にできやすいのが特徴であって、脂っぽい場合があり、赤み、かさぶたができ、皮膚をかくことで、ボロボロとフケのように落ちてしまうことになります。

ステロイドだけを使っても真菌が原因なのですぐにぶりかえしてしまうことになります。脂漏性湿疹という場合には、どのような治療をすればいいかということですが、原因は、マラセチアという人間のからだに元々あるカビ菌なのです。ただし、健康という人たちは、マラセチアが数が正常にいつも保たれています。脂漏性湿疹の場合は、この数が異常に増えてしまい、 毛穴に炎症が起こってしまい、痒みなどが起こることになります。

脂漏性湿疹の対策の場合、マラセチアの働きを抑える「抗真菌薬」を使用したり、かゆみを抑える「ステロイド剤」を使用します。