アトピー湿疹の違い

既にアトピー性皮膚炎という言葉が当たり前に使用されるようになりました。しかし、それが何か正しく理解している人たちも意外と少ないようです。一方で当たり前に使用されている言葉で、湿疹というものがあります。湿疹も同じものなのでしょうか。それは脂漏性湿疹かもしれません。

そのような人たちはやっぱり脂漏性湿疹のための対策をしなければなりません。しかし、皮膚科に言っても、脂漏性湿疹ではないのに診断されてしまうケースもあるようですし、なかなか難しいことは難しいようです。

しかし、脂漏性湿疹の症状は全く別モノです。脂漏性湿疹の症状は、頭皮、顔、生え際、ワキの下にできやすいのが特徴であって、脂っぽい場合があり、赤み、かさぶたができ、皮膚をかくことで、ボロボロとフケのように落ちてしまうことになります。

ステロイドだけを使っても真菌が原因なのですぐにぶりかえしてしまうことになります。脂漏性湿疹という場合には、どのような治療をすればいいかということですが、原因は、マラセチアという人間のからだに元々あるカビ菌なのです。ただし、健康という人たちは、マラセチアが数が正常にいつも保たれています。脂漏性湿疹の場合は、この数が異常に増えてしまい、 毛穴に炎症が起こってしまい、痒みなどが起こることになります。

脂漏性湿疹の対策の場合、マラセチアの働きを抑える「抗真菌薬」を使用したり、かゆみを抑える「ステロイド剤」を使用します。