アトピーには保湿

アトピー性皮膚炎には保湿することがとても大事だと最近になって頻繁に言われるようになって来ました。肌のバリア機能としての保湿と、肌の水分量を保つための保湿の二つの保湿を分けて心掛けて行う必要があります。

アトピー性皮膚炎の状態の肌は肌表面の角質に無数のすき間ができている状態です。刺激物が入りやすい状態であり、炎症をすぐに起こしやすくなっています。そのとき肌表面を覆う外部の刺激から守るための膜を張るような保湿をする必要があります。そのときクリームやオイル系の保湿剤を積極的に使用するようにしましょう。

そして、肌の水分量を保つための保湿です。アトピー性皮膚炎の人たちは、保水成分セラミド(肌細胞の隙間をくまなく埋めている物質)が角質から不足しているケースが多いです。アトピー性皮膚炎の人たちは、水分を保つことができないから、水分を敢えてしっかり送り込んであげる必要があります。ですので、まず水分を吸収しやすい肌状態にしてあげることも大事です。保湿剤をつける前に肌の吸水性をアップするスキンケア用品をつけるとより保湿効果が高まり、潤いを維持できるようになるでしょう。

参照ページ|【公式】アトピーの娘を持つ母親が原料開発!保湿ケア化粧品【みんなの肌潤糖~アトケアタイプ~】

そして、美容成分まで加わった高級化粧水を使用している人たちもいらっしゃるようですが、肌にあまり刺激にならないものを注意して使用するようにしてください。強い乾燥肌という場合、ワセリンやシアバターのような固形オイル、ホホバオイルのようなものを使用してみましょう。